マネー

【初心者】NISAとはどんな効果があるの?

投稿日:

証券投資を検討している人な「NISA」というものを聞いたことはあるかと思います。一方で「どんなものかわからない」という方も多いかと思います。

このNISA、普通に投資して利益が出るとかかってしまう譲渡税が一定期間免除されるものなのですが、ルールがやや複雑なこともあって活用できていない方もいるようです。

今回はNISAの仕組みと効果について説明します。

有価証券投資で得た収益には税金がかかる

まず、ここで確認ですが、有価証券投資を普通に行うと税金がかかります。税金がかかるシーンは大きく2つあって、1つが配当(株・投資信託など)受け取り時です。これはマイナスになることはないので、受け取りさえすれば必ず発生します。

つづいて、保有している有価証券を売却した時です。当然持っている株などを売却するタイミングがあると思いますが、この時、売却益が出る場合は、その利益分にも税金がかかります。

税率はいずれの場合も20.315%が現在の税率となっています。

利益分の約1/5も税金がとられるというのはなかなか厳しいですが、日本のルールですので致し方ない・・・というところですが、これを一定緩和できるのがまさにNISAという制度です。

NISAは「5年間・元本120万円分」まで税金が免除

さて、そんな税金が支払いが辛いという方がしっかり利用しておきたいのが、このNISAという精度で、こちらは毎年120万円分、5年間にわたって配当と譲渡益(=売却益)にかかる税金が無税になるというものです。

例えば、今年からNISAを開始したとしましょう。

そうするとまず2019年中に120万円までの元本額の株・投信など有価証券については、5年間、つまり2023年末までの配当受け取りと、その間に売却した場合の譲渡益がかからなくなります。

尚、1年経って2020年になると新たに120万円分投資可能になります。その分は今度2020年から5年間、つまり2024年末まで税金が免除されます。

現状2023年の投資分までは毎年120万円分の元本が税金免除されることとなっております。

以下が利用する上での条件や概要になります 。

 利用できる方:日本在住の20歳以上の方(口座を開設する年の1月1日現在)
 対象商品:上場株式、株式投資信託、ETF(上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)など
 非課税対象:対象商品への投資から得られる配当金・分配金や売却益
 口座開設可能数:1人1口座
 金融機関の変更:1年単位で変更可能(ただし既存投資中の有価証券を移すことはできない)
 非課税投資枠:毎年120万円が上限(未使用分を翌年以降への繰り越すことはできません)
 非課税期間:最長5年間(非課税期間終了後に新たな非課税投資枠へ移すことができます)
 投資可能期間:2014年から2023年

 

なお注意が必要なのが、配当益をNISA適用させる場合です。

実はここに多くの人がはまっている落とし穴があって、配当益を「証券口座受け取り」にしなければ、配当分を税金免除にすることができません。

配当金は銀行口座で受け取ることなどもできてしますので、お間違えなくNISAを開設している証券口座受け取りにしましょう。

つみたてNISAも要チェック

さて、普通のNISAは5年しか税金免除期間がありませんが「もっと長期間運用したい」長期間の積立を有価証券で行いたいという方も多いでしょう。

そういった方は「つみたてNISA」の活用がオススメです。こちらも配当・譲渡益の税金が免除されるルールなのですが、NISAと異なり、1年の上限額は40万円である一方、最長20年間税金が免除されます。

例えば子供の教育資金などの長期間の積立にはこちらを利用しましょう。

投資を始めるとせっかく儲けが出たというのに税金でだいぶ持っていかれてしまうのは歯がゆいところです。

もちろんそれは日本の税金ルールなので致し方ないところですが、NISAを活用すれば一定額までは税金を免除してもらうことができるので、もらすことなく活用するようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Feature

1

tarmがとうとうリリースしました! リ ...

2

こんにちは!tarm猫部です! 記念すべ ...

3

第一印象はバッチリで、1回目のデートには ...

-マネー

Copyright© tarm / ターム , 2019 All Rights Reserved.