恋愛

結婚相手には無理!女性のだらしなさを感じる発言

投稿日:

だらしない女性とは、やっかいなもので一見してすぐに「だらしないと分からない」もの。お付き合いが長くなったり、一緒に暮らし始めたりしてわかるという場合が多いです。

そのため男性は、「だらしない女性」と長く付き合わないようにと、初対面や、付き合い初めなどに、注意してきいている発言がいくつかあります。

そこで今回は、男性が結婚相手には無理と思う「女性のだらしなさを感じる発言」を紹介します。
自分が言っていないか注意してみていきましょう!

休日は外に出ないです

「休日は寝て過ごします」「休日はとくにやることはないです」など休日の過ごし方で、家から一歩も出ないというような発言はNG。

だらだらと何もしない、だらしない女性だとイメージされてしまいます。しかし「休日はゆっくりと休みたいし、外に出たくない!」と思う方は言い方に気を付けてみましょう。

例えば、「休日は家で、平日できなかった家事を片付けます」などと工夫するとイメージも悪くなくなるでしょう。

外食が多いです

「食事はもっぱら外食です」という発言は、だらしない女性認定されがちです。なぜなら「料理ができない」とイメージされてしまうからです。

また、料理ができないだけではなく、外食する人はお金にルーズだという印象も持たれてしまい、ダブルパンチです。外食が多くても、あまり言わないほうがいいでしょう。

物が捨てられないんです

「断捨離って苦手~」「部屋にものがあふれてる」など、物が捨てられないというような発言はすべて、整理整頓ができない女性とイメージされてしまいます。

整理整頓ができない女性とは、同棲や結婚をしたくないという男性は多く、そっと身を引かれてしまうでしょう。

整理整頓が苦手でも、大きな声で言うの控えたほうがいいですね。

ジャージでコンビニに行きます

「近い場所なら外でもジャージとクロックスで行ってしまいます」という発言は、高確率でだらしがないと思われてしまいます。

学生ならまだしも、成人した女性が部屋着で外に出るというのは、良いと思う人のほうが少ないと思います。
どうしても着替えるのがめんどくさくても、ゴミ出しや、郵便受けくらいを限度にしておきましょう。

家のガスが止まったんです

「支払い忘れてガスが止まった!」「水道の支払い忘れてた!」など、公共料金の支払いを忘れていたという発言は、ほぼ100%でだらしない女性認定されてしまうでしょう。

ガスや電気、水道など生活する上でなくてはならないものに対して意識が低くいことから「優先順位などがわからない人なのかな?」と思われてしまいます。
ウケを狙ってのエピソードトークだったとしても、気になる男性がいる前では控えましょう。

まとめ

いかがでしたか? 気が付かずに言ってしまっていた言葉もあったんじゃないでしょうか?
言い方を工夫することで、だらしなくなくなる言葉もありますが、一番良いのは「自分のネガティブな情報は発言しないこと」ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Feature

1

tarmがとうとうリリースしました! リ ...

2

こんにちは!tarm猫部です! 記念すべ ...

3

第一印象はバッチリで、1回目のデートには ...

-恋愛

Copyright© tarm / ターム , 2019 All Rights Reserved.