恋愛

結婚は無理だな…「曖昧な関係」を続ける男性の本音

更新日:

「付き合ってもう半年過ぎたけど……彼から、結婚をにおわせるような言動が一切ない……」恋愛カウンセリングをしているとそんな悩みを抱えた女性はたくさんいます。

そういった女性たちが口をそろえて言うのが「彼の気持ちがわからない」です。

そこで今回は「付き合っているだけで、結婚に踏み出さない男性の心理や本音」を4つ紹介します。

 

また、男性の特徴別に紹介していきますので、ご自身のパートナーの特徴と照らし合わせながら、読んでみるといいと思いますよ。

 

1、結婚のイメージがついてない

まず、一番多い本音として「自分が結婚した後のイメージが全然つかない」というものです。

「自分に自信がない人」や「一人の時間がすきな人」がこういった心理になりがちです。とくに若い20代の男性に多い心理です。

しかし、付き合っている彼女には、口が裂けてもそんな弱音をいうことはありません。

弱い部分を見せたくないと思う男性心理からなのでしょう。

 

こういった男性には、さりげなく結婚をイメージできるような話しをするといいでしょう。

 

2、まだ遊んでいたい

趣味が多い人や、お金のかかる趣味を持っている人は「まだ遊んでいたい」と思うようです。

例えば、物を収集するのが趣味、アイドルやバンドを追いかけるのが趣味なんて人にとくに多いとされています。

「遊んでいたい」と思う裏側の理由に「自分だけのためにお金を使いたい」というものがあるからです。

結婚してしまったら、今まで自分が自由に使っていたお金は家族のためのお金になってしまいます。そんなこと許せないと思うのが本音なのでしょう。

 

3、自分の理想の人じゃない

「彼女には悪いけど、自分の理想じゃない……」といいつつ付き合っている男性は、悲しいことにある程度います。

 

「理想じゃないのになぜ別れないの?」と思うかもしれません。理由は主に2つ。「情が出てしまった」「今都合がいいから」です。しかも、こういった人は多くの場合、理想の人が現れたときに平気で捨ててくるので注意です。

 

こういった人の特徴として「上から目線でしゃべってくる」「自分に自信がある」などがあげられます。

 

4、自分の仕事が不安定だから迷惑かけられない

男性は結婚したら、だいたい大黒柱として家庭を支えていかないといけないですよね。共働きをしたとしても、妊娠、出産は女性しかできないです。

その期間は、一人で家族を養えるだけの収入をもらわなければいけない……。

 

収入が安定しない職種や、転職を繰り返している人にとっては「迷惑かえられない……」という心理になってしまいます。

 

そういった人には「一緒に頑張ろう」という気持ちを前面に出しながら、結婚の話しをするとよい方向に進むでしょう。

 

まとめ

さまざまな理由で、結婚を渋っている男性がいたと思います。そのほとんどに共通することが「自分からは思っていること、悩んでいることを彼女に伝えない」ということです。

 

話し合えば解決することでも、一人で抱え込んでしまいがちな男性が多いということですね。

 

女性から、ぐいぐいと結婚を押すのではなく、男性へ歩み寄る姿勢が大切なのかもしれないですね。

 

沖田 澪

大学で臨床心理学と行動心理学を学んだ恋愛体質女子!心理カウンセラー1級所持。占いは数秘とタロットに精通。

Twitter: @mio_love_30

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Feature

1

tarmがとうとうリリースしました! リ ...

2

こんにちは!tarm猫部です! 記念すべ ...

3

第一印象はバッチリで、1回目のデートには ...

-恋愛

Copyright© tarm / ターム , 2019 All Rights Reserved.