占い

九星気学の占い その3 〜一白水星について

更新日:

一白水星ってどんな人?

一白水星さんは、「いかに純粋でいられるか」をとても大事にします。

日本人の性質として、努力して、頑張って実らせるのが美徳という考え方がありますが、
一白水星さんはそういう考えに縛られません。
いつでも新しい気持ちを取り入れ、人に流されず、自由な発想を持っている人です。

気をつけること:思考の澱みに注意!

一白水星さんが気をつけることは、他の人の意見に流されてしまうことです。
純粋がゆえに人の意見にも流されてしまうのですが、魂が「それは違うんじゃないかな」と思い、その葛藤に苦しむことがあります。
特に、上から言われたり、厳しい命令などには従ってしまいます。
それでは良い結果が出ないことが多いです。

はかせがよく知る一白水星さんが言われた言葉に、
「あなたの意見はそうかもしれない。しかし私の意見は違う。私の意見をあなたに合わせる必要はない。もちろん逆もない」
なるほど!とはかせは思いました。一白水星さんが純粋であるということはこういうことかと悟ったのです。

次は、イメージをつけやすくするために、一白水星の有名人を男女一人ずつ挙げていきます。

一白水星の有名人さん(女性)

浅田真央さん

浅田 真央(あさだ まお、ラテン文字:Mao Asada、1990年9月25日- )は、2000年代から2010年代にかけて活躍した日本のフィギュアスケート選手(女子シングル)。

言わずとしれた氷の女王。彼女の発言にはどんなものがあるでしょうか。

「ひとつのことに打ち込んだ努力は報われると感じています」

「選手一人ひとり、個性は違います。自分は『きれいなスケーター』になりたいです」

「昨晩、たくさんの方から、笑顔が見たいとメールをもらった。だからお辞儀のときは笑顔になろう、と思っていました」

「リンクに立ったときも、すごく嬉しかった。本当に気持ちがよかった。感激だった。演技中も、すごかったでしょ、応援。それが、後押ししてくれた。絶対に、応えようって思った」

「昨日の自分は、決して今日の自分を裏切らない」

「やるしかない、練習するしかないんです。“浅田真央” から逃げることはできないので」

どうでしょう。徹底して「自分との戦い」に終始していることがわかりますね。
また、いつも前向きで、多くのライバルが居ながら他人と自分を比較することは絶対にしない。そこにポリシーを感じるように思います。

一白水星の有名人さん(男性)

タモリ

タモリ(1945年〈昭和20年〉8月22日 - )は、日本の男性お笑いタレント、漫談家、司会者。本名は森田 一義(もりた かずよし)。福岡県福岡市南区の出身。

「笑っていいとも」を32年間もやった名司会者はなにを考えたのでしょうか。

「人間って『自分がいかに下らない人間か』ということを思い知ることで、スーッと楽にもなれるんじゃないかな」

他人に期待などしなければ、つまらないことで感情的にならずにすむ。そうすれば人間関係に波風も立たなくなり、円満にだれとでも付き合える

「人間の不幸は、どだい、全体像を求めるところにあると思うんです」

いまだに何かをわかったわけでもなく、ただ迷いつつ手探りでやり続けております。

5000回も他人と関わりを持っていながら、徹底して謙虚なタモリさん。
いつまでも純粋でいたからこそ、こんなに長く続けることができたたんでしょうね。

どうでしょうか。もちろんですが、「すべての一白水星がそういう人」
というわけではありません。しかし、一白水星さんは基本的に純粋さを求め
また純粋さを突き詰めた人が成功しているということがおわかりいただけるかと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Feature

1

tarmがとうとうリリースしました! リ ...

2

こんにちは!tarm猫部です! 記念すべ ...

3

第一印象はバッチリで、1回目のデートには ...

-占い

Copyright© tarm / ターム , 2019 All Rights Reserved.